シミュレーション教育

シミュレーション教育に最適のアプリ part2

投稿日:

以前こちらの記事でDARTSIM、simmonを紹介しました。

今回はpart2です。

どちらも海外製ですが、ALSiTruMonitorの2つを紹介します。

ALSiのモニター画面

TruMonitorのモニター画面

どちらも試用期間を利用して実際のシミュレーションコースで使用しましたが、除細動やペーシング、などの機能も備わっておりモニター構成もシンプルでわかりやすいです。

※TruMonitorのHPより引用

また、採血データを表示したり、任意の画像を取り込んで画面上に表示できたりもします。

サウンドもwheeze、嘔吐等色々あって、DARTSIMより使いやすい!

正直すごい!

どちらのアプリも試用期間がありますので、ぜひ使ってみてください。

ただ欠点は、DARTSIMより高い…。TruMonitorは10万超えです。

正直アプリに10万以上出すのは躊躇してしまいます…。

また、日本製で期待しているのはこれ。

救トレ

※ホームページより引用

救トレ

まだまだ改良を重ねており、新製品も検討中のようですので、期待大です。

個人的にはアプリにしてほしいですが…。

とにかく、安価な製品の誕生を望みますが、開発の利益が還元できるといいですね。

クラウドファンディングとかしたら集まるんじゃないのかなー?

なんて。

現在使われているシミュレーターは◯百万するものばかりで気軽に購入できませんので、それに比べるとどれも安いです。

また、こうした高機能のシミュレーターが良いのか?

と言えばそんなに高機能である必要もなく、表現したいものができなかったりするものすらあります。

だったら模擬患者でやったほうが良いよねっていうケースも散見します。

要は、学習を支援するのにシミュレーターはツールの一つであり、コース設計やインストラクションも重要ということです。

-シミュレーション教育
-, ,

Copyright© 急変対応.net , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.