ACLS 急変対応コース

看護師に必要なPEAの知識

投稿日:

プレテストの解説第2弾!!

>問2
>呼吸不全(低酸素血症)が原因のPEAでは徐脈性PEAの場合が多い

急変セミナー プレテスト

これは正解です。PEAとはどんな状態を表しているか分かりますか?

PEAとは何か?

PEA(無脈性電気活動)とは、心電図上適切なリズムであっても脈拍を伴わないため心停止に含まれます。電気活動のみで有効な心拍出量はありませんので脈拍も触れませんし当然血圧も測定できません。

こうやって心電図モニターがついている患者さんで、反応や呼吸もなく脈拍も触れない場合、PEA(心停止)と判断してCPRしてなければなりません。

が!!!

医療従事者の間でも、PEAの認識や理解が十分に浸透していないせいか、CPRに移行できない場面や、血圧、SpO2を最優先で測定しようとする場面にたまに遭遇します。

もう一度言いますが、反応もなく呼吸もしていない(または異常な呼吸:死戦期呼吸)状態で脈拍が触れなければ心停止です。

さて、話を戻します。

PEAから考えられる心停止の原因

PEAの管理としてACLS-EPのテキストにはこう書かれてます。

モニタされた心リズムを再評価し、心拍数とQRS群の幅の広さに注意する。狭いQRS幅のPEAには非心臓製の原因がある可能性が高い。このような場合、ただちに治療可能な原因を迅速に同定して治療しないと蘇生は望めない

ということで、この患者がなんで心停止になったのか?

それを考えていく上で、モニターの心リズムやQRS幅が一つの手がかりになるということです。

PEAの原因として多い、循環血液量減少は何らかの原因で血液量が不足してますので、心拍数をあげて代償しています。しかし、運搬する血液が減少してることから組織に必要なエネルギーは届きません。代償機能が破綻すれば血圧が低下して最終的には測定できなくなりますが、頻拍は持続します。これがいわゆる頻脈性PEAです。

一方、PEAの原因として多い低酸素血症の場合です。
低酸素血症は、身体組織に酸素が十分に行き渡らないと起こるため、代償機能として心拍数や呼吸数は速くなります。しかし、代償機能が破綻すると心臓に達する酸素が少ないため心拍数は遅くなり、心筋収縮力が低下します。
この状態がいわゆる徐脈性のPEAです。
これは、多分臨床でよく遭遇していると思います。

この心停止に先行して、脈拍は触れるが呼吸は停止しているという、いわゆる「呼吸停止」が出現する場合もありますが、蘇生が必要な場合どちらも当然、十分な酸素化や換気が必要となります。

※もちろん心停止の場合は質の高いCPRも必要です。

どうも文章だけだとわかりにくいので、表にまとめました。

PEAの原因を心拍数とQRS幅から考える

次回のACLSプロバイダーコースでは、この辺の作成した資料を用いながらシミュレーションで体験していただこうと思ってます。

ACLSプロバイダー1日コースの開催情報はこちら

-ACLS, 急変対応コース
-,

Copyright© 急変対応.net , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.