臨床看護

臨床で必要なBLS研修とは?【看護師向け】

投稿日:

看護師として臨床で働く場合、患者の緊急事態に対する訓練は欠かせません。

今回は緊急事態の中でも最重症にあたる心停止に必要なスキルの訓練(研修)が役に立っているのか?という話です。

皆さんはどんなBLS研修を受けてますか?
または指導していますか?
そして、そのBLS研修は臨床で役立ってますか??

臨床で必要となるBLSのスキル

まず、臨床で遭遇する心停止という急変の場合、心電図モニターや薬剤、マニュアル式除細動器を使う、いわゆる2次救命処置(ALS)を実践します。

でも、多くの病院では最低限必要な訓練の内容をCPRとAEDに限定していませんか?チーム蘇生の概念すら含まれていないことも多いです。

いやいや、待ってよ。
それってACLSやICLSでやる内容だからBLSではないじゃん?
それに新人さんが一人でBLS以上のことをやる場面はあまりないでしょ?

という意見もあるかと思いますが、ERや病棟、手術室でも心停止に移行した際にCPRとAEDだけで終わる事はまずないと思うのです。

百歩譲って、従来のBLS研修を黙認したとします。
でも、BLSの先にある業務上必要となる訓練はいつ受けるのでしょうか?

院内心停止の8割は電気ショックが必要ではないリズムと言われてます。
心電図モニターがついてる状況も多く、電気ショックの"非適応"であるPEA(無脈性電気活動)も理解してないと、CPRが遅れる可能性は否めません。

看護師の多くが心停止発見時の数分間でCPRができたとして、その後の予測がついてない&対応できないって怖くないですか?

以上をまとめると
従来のBLS研修を医療従事者にやること自体無理があります。
CPRとAEDがなんとなくできるようになった気がするだけで、臨床業務で必要となるスキルが抜け落ちています。

ただし、研修時間や設計上、BLSを受講してもらい、その後にALSを・・・
という流れが確立されていれば良いと思いますが、急変対応スキルの向上や維持を個人任せにしている現状から考えると、ALSをベーシックにしたほうが良いなと思うわけです。

さいごに

改めて考えてみると、
なんで医療従事者に対してBLSだけで満足してるんだろうと疑問に感じたので、投稿してみました。

さて、
皆さんはどんなBLS研修を受けてますか?
または指導していますか?
そして、そのBLS研修は臨床で役立ってますか??

以下の動画はタイトルや趣旨は違うのですが、メッセージとなる根幹は一緒なのでよければご覧ください。

-臨床看護
-, , ,

Copyright© 急変対応.net , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.