You Tube

臨床で知らないと困るPEAの世界 看護師向け(YouTubeプロジェクト)

投稿日:

看護師はPEA(無脈性電気活動)を知っているのか?

ある看護師に

「PEAっていう言葉は1、2年目に分かりますか?」

と言われたことがあります。

えー!?分からないで良いの?
って思ったのが強く印象に残っています。

でも、私が知ったのも2〜3年目ぐらいだったなぁ。

ICLSの研修を受けたとき
「あーこういうのが種類としてあるのか」
この程度でした。

除細動はしないということは分かっていても、機序とかVF、VTとの違いはわからなかった。

心停止のときに何が出るかは!!

こんな認識です。

だから例題で上げたように

反応がないモニター患者が居たときに、頸動脈と呼吸の確認しないで、血圧を測ったり、SpO2モニターを意識しちゃうんですよね。

臨床で困らないPEAの理解

BLS研修で教えましょうよ。

AEDでショックが不要のシナリオだけじゃ弱いかも。

PEAの知識だけじゃなく、心電図モニター(Ipadアプリでも)を使って状況設定すると良いかもしれません。

臨床で問題となる部分は、患者の状態が変化したときに評価(体系的アプローチ)ができないこと。

つまり、
え、反応がない!
呼吸もない!
脈拍はどうだろう・・・ない!!
という心停止の判断をして、CPRが開始できる。
このプロセスが出来るようにならないといけない。

心停止に至る過程

PEAを理解するには、心停止に至る過程も分かる必要があります。

よくコースで活用しているスライドはこれです。

心停止に至る過程がシンプルに纏まってます。

PEAの概念
心電図モニターをつけたときに(VF、VT)を除いて何らかの波形が出ていて脈拍が触れない状態(当然反応なし、呼吸なし)を押さえた上で、

どんな疾患でもいいので、どういう機序で心停止になるのか?

その時にPEAになりやすいのはどれか?
心室細動が起こりやすいのはどんなときか?

そんなふうに理解していってください。

大事ですよね。

You Tubeの動画はこちら

-You Tube
-,

Copyright© 急変対応.net , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.