AHA BLSプロバイダーコース

急変対応ネットのBLSプロバイダーコースの特徴

  1. AHAガイドライン2015準拠
  2. リアルな臨床現場を再現した映像教材
  3. 国際ライセンスの発行
  4. 乳児を含めたすべての年齢を対象にしたBLSスキルを修得

コース開催情報

3/23(月)9:45〜14:30(千葉市内) 募集中

BLSプロバイダーコースの概要

コース時間
​約5.5時間

BLSコースで扱う内容

成人・小児・乳児の心肺蘇生法(一人法/二人法)、AEDの使い方、ポケットマスク/バッグバルブマスクの使い方、

成人・小児・乳児の窒息への対処法、補助呼吸、オピオイド過量に対するナロキソン投与を含めたプロトコル

対象

どなたでも受講できます

1.高度な心肺蘇生技術を身につけたい方
2.医療従事者(医師、看護師、救急救命士、歯科医師、養護教諭等)
3.職業的に複数人で心肺蘇生を行なう可能性がある人

受講料

¥14,000 (テキスト代は含まず)

テキスト

必ずAHAガイドライン2015版のテキストをご用意下さい。

BLSプロバイダーマニュアル AHAガイドライン2015 準拠(日本語版)¥4,212(送料無料)
BLS Provider Manual G2015(US英語版) ¥1,435

合格基準

筆記試験

筆記試験25問4択式 21問以上正解で合格となります。

テキスト・資料持ち込み可

実技試験

実技試験で成人への一人法CPR+AED、乳児への二人法CPRとBVM換気

試験に合格するとAHA-BLSプロバイダーのeCardが発行されます。

ライセンスの期限

2年間

申し込み

申込みは下記ボタンをクリックし必要事項にご記入ください。数日以内に折り返し連絡させていただきますが、返信がない場合はお手数ですがお問い合わせください。

最少催行人数に達しない場合、中止とさせて頂くこともあります。開催決定後、あらためて連絡させていただき、入金確認後正式な受付となりますのでご了承ください。

投稿日:

Copyright© 急変対応.net , 2019 All Rights Reserved Powered by STINGER.